白髪が増えてきたら

白髪染めトリートメントを使って手早く染めよう


OLYMPUS DIGITAL CAMERA 白髪染めを使用しながら白髪を染めると、結構時間がかかってしまいますよね。ヘアサロンに足を運んで、白髪を染めてもらう場合は、1時間から2時間近くかかってしまうものですし、ヘアサロンによってはもっと長く時間がかかることだって少なからずあります。また、市販の白髪染めを使った場合においても、やはり30分から45分ほどの時間を使ってしまいますし、染めてから1ヶ月ぐらい経ってしまうと、色も抜けて白髪が目立つようになってくるので、また白髪染めを使わないといけません。

このように、白髪染めをわりと頻繁に使っていなければ維持することが難しく、面倒な手間もかかってくるので、本当に厄介ですよね。おまけに髪の毛もどんどん傷んでしまって、キューティクルがボロボロになってしまいますし、頭皮にも強い刺激を与えることになってしまうため、抜け毛も徐々に増えていってしまいます。このようなマイナスポイントが少なからず存在しているので、もっと楽で負担がかからない方法によって白髪染めをすることができたら、どんなに良いでしょうか。以前までは、ちょうど良い方法があまりなかったのですが、最近ですと、白髪染めトリートメントというものが販売されているので、髪や頭皮にも負担をかけないで、キレイに白髪を染めていくことも可能となっています。

白髪染めトリートメントとはどんなものなのかと言うと、簡単に言ってしまえば、ヘアマニキュアに近いものです。しかし、ヘアマニキュアよりもしっかりと染めることができますし、色がタオルや枕カバーに移ってしまうようなこともなく、短時間でキレイな髪に仕上げることができるようになっているので、とても便利なヘアケア商品なんです。ニオイに関しても、市販の白髪染めに比べたら断然白髪染めトリートメントのほうがいいですし、髪が傷むどころか、トリートメントの効果によって、どんどん美しく変わっていくのも魅力的な点となっています。

白髪染めトリートメントの選び方


refine40歳になった頃から急激に白髪の量が増えてしまうという女性がとても多いです。かくいう私もその一人で、30代の頃であれば、多少白髪染めするのをサボっていても白髪が目立って困るということはなかったのに、40代になってからは染めるのをサボると白髪が目立って恥ずかしく感じるようになりました。染めてもすぐに根元が伸びてきて白い部分が目立ってしまうのですが、白髪染めは手間がかかるので、そんなに頻繁に行うこともできません。

お金に余裕があれば頻繁に美容院へ行って染めてもらうこともできるのでしょうが、そんなお金持ちではありませんから、自分で染めるしかないのです。だからせいぜい月に1回位染めるのがやっとだったのですが、1ヶ月も経つと髪の毛は結構伸びてしまいます。少しでも手間をかけずに、伸びてしまった根元の白髪を目立たなくしたいと思って使い始めたのが白髪染めトリートメントです。
今は、ものすごくたくさんのメーカーが白髪染めトリートメントを出しているので、いざ購入しようとしても、どれを買えばよいのか迷ってしまう人が多いだろうと思います。私も迷っていくつかのメーカーの製品を使ってみたのですが、その結果としてわかったのは、どのメーカーの白髪染めトリートメントを使う場合でも、使い方自体にはほとんど差がないということでした。製品価格もほとんど似たりよったりだったので、少しでも費用を安くあげたいと考える人は、送料無料になっている製品や、お得なキャンペーンを利用するようにするとよいでしょう。

ただし、使い方自体はどれも大差ありませんが、色の入り方や持ちの良さは製品によってかなり大きな違いがあります。一度染めれば色落ちしないタイプの製品の場合、最初のうちはほとんど染まらないので、ある程度気長に使い続ける必要があります。一方、色の入りっぷりがいい製品の場合は、使うたびに白髪がキレイに染まるのですが、使うのをやめた途端、すぐ白髪に戻ってしまうものが多いです。なので、メーカーごとの商品特徴の違いをネットで調べてから購入するようにした方がよいでしょう。

白髪染めの色の選び方


女性は年齢を重ねて30代になると、けっこう白髪がちらほらと増えてくるものです。白髪が増えてくると老けて見られるので、とてもショックです。若い時は数本だったものが、年齢を経るにつれて「また増えている」という経験をしたことはあると思います。

そういう方は、白髪染めをすることが、白髪対策として有効のようです。美容室でやってもらってもいいでしょうが、薬局で白髪染めの商品を買ってきて自分で染めると節約することができます。
しかし、「色は黒しかない」と思い込んでいる人も多いですが、最近では明るめの色や茶色などいろんな色があって困ってしまうことがあります。実際に、薬局に行ってみると、これでもかといろいろな色が並んでいます。

そこで、ここでは女性が自分に合った白髪染めの色を選ぶコツをお教えします。まずは、30代くらいの若い方でおしゃれをしたいと思われている方にお勧めなのが、「茶色」です。最近では、白髪染めでは茶色はとても多い色となっています。茶色は、栗色の自然な仕上がりになるので、白髪を染めているという印象は全くありません。もともと、若い方でオシャレとして茶色に染めている人も多くいるので、白髪染めという印象をもたれません。逆に若々しく、オシャレに見せてくれるので、若い方にお勧めといえます。

次に、いかにも白髪を染めていますという感じはいやという女性には、明るめの色をおすすめします。この色だと、髪全体が明るい色になるので、白髪もあまり目立つこともありません。太陽の下に行くと、きれいに髪の毛が黄金色に輝きます。おしゃれでヘアカラーしていると思われるような色なので、自分でも白髪を染めている感覚はあまりありません。
そして、最後にしっかり白髪を染めたい人におすすめなのは、「黒色」です。この色は年配の方で、とにかく白髪が多く、しっかりと白髪を染めたいという方に最適な色です。しっかりと白髪が染まります。上記の事を参考に選んでください。

白髪染めを上手に使いこなす方法


kotu白髪の量が多いと、どうしても見た目が老けた印象になってしまいます。また、白髪染めをした後で伸びてしまった根元の髪の毛というのは想像以上に目立つものです。「逆プリン」と言って笑う人もいるくらいみっともない状態ですし、だらしなく見えてしまう可能性もあります。

なので、なるべく頻繁に毛染めをするのが望ましいのですが、なかなか思うようにはできません。髪の毛を傷めずにキレイに染めたいと考えた場合、美容室でやってもらうのが一番良い方法だということは誰もが知っています。しかし、頻繁に美容室へ行くとなると費用がかなりかさみます。そのため、多くの人が自宅で白髪染めをしています。

ただし、一口に白髪染めと言っても様々なタイプの製品がありますので、自分の都合や目的に一番あった製品を使用するとよいでしょう。大きく分けると、2剤式ヘアカラータイプ、トリートメントタイプ、シャンプータイプの3種類に分けることができます。それぞれ価格や特徴が全く異なっていますので、きちんと理解した上で利用するようにすると、後悔してしまうことが避けられます。

この3種類の中で一番価格が安いのは2剤式ヘアカラータイプです。値段が手頃なのにも関わらず、かなりしっかりと染めることができます。ただし、染めるのに一番手間がかかる方法ですし、頭皮や髪を傷めてしまう心配があります。また、しっかりと染めることができる反面、伸びてきた根元の白髪を余計に目立たせてしまうというデメリットもあります。
一方、最近人気が高くなってきているのが、髪の毛や頭皮を傷めてしまう心配がないトリートメントタイプやシャンプータイプの白髪染めです。

お風呂場で濡れた手で使用することができますので、面倒な手間がかかりません。また、数日おきに使うことができますので、根元が目立つ心配をする必要がなくなります。ただし、値段が高めである点と、1回では十分に染まらない点などのデメリットがあります。それぞれの製品の特徴を正しく理解した上で、自分にあった白髪染めを選ぶようにしたいものです。

白髪染めをより安全にするためにはパッチテストするのがコツ


fusegutameni白髪が目立ってきてしまったので白髪染めをしたけれども、頭皮が炎症をおこしたので染めたくても染められないという悩みを持ってしまっている方がいらっしゃいますね。実はある方法をすることによって、敏感肌になっている人でも白髪を染めることが可能になってくれるんです。ではその方法とはどうなっているのかというと、それはパッチテストを必ずすることなんです。

白髪染めの商品を使って炎症をおこしてしまった場合、他の商品でもダメなのではないかと考えてしまうのですが、それは違っているんです。どの商品も同じ薬品を使っているのではなくて、その商品によって使っている薬品が違ってきています。そして使っている量も違ってきているので、確実に炎症をおこすなどのトラブルが発生するわけではないんです。ただ見た目そして書かれている内容を見ただけでは実際に問題なく使えるのかそれとも使えないのかはわからなくなっています。そこでパッチテストをしてみるのがいいんです。その商品は自分にとってどのぐらい大丈夫になっているのかが直ぐにわかりますし、使えるのかそれとも使えないのかが判断できます。なのでより安全に白髪染めをするためにもパッチテストをするのがひとつのコツなんです。

パッチテストをするためには実際に商品が必要としてきてしまいます。購入をしてパッチテストをするのは損する可能性が出てきてしまいますね。そこで損しない為のコツになっているのが、メーカーに問い合わせることなんです。メーカーに問い合わせをしてパッチテストをしたいのでパッチテスト用の商品を送ってくれます。多少なりとお金が必要とする場合もありますが、しかしこの方が安くテストできますので大きな損をすることがなくなってくれるんです。お店によっては無料でパッチテストをしてくれる場合もあるので、メーカーやお店を利用してまずはパッチテストをしてみましょう。これは敏感肌ではなくてするのがいいですよ。

白髪染めで綺麗に髪を染めるには


OLYMPUS DIGITAL CAMERA皆さんの中で、白髪染めを使って髪の毛を自分で染めたことがある人はいますか。美容院で染めてもいいのですが、月に一回利用するとなるとお金がかかってしまいます。しかし、自宅でやるにしても、とても手間がかかるし、きれいに染められないと悩んでしまう方もいるでしょう。

そういう人のために、ここでは自分できれいに白髪染めで髪の毛を染める方法をお教えします。白髪はお風呂で染めることが、一番簡単で効率的です。お風呂に入りながらだと、薬剤などで壁や床を汚す心配もありません。それに、染めている間はお湯にゆっくりつかったり、マッサージしたりとリラックスできるからです。

やり方は、まずは身の回りの準備をしていきます。溶剤が体につかないように、肩やデコルテ部分にタオルをかけて保護します。それから、皮膚や爪につくと溶剤は落ちにくいので、ビニールの手袋もはめてください。
それから、染めていきます。染める時は、髪は乾いたままの状態が良いです。しかし、あまり大量に髪の毛に整髪料をつけている場合は、洗髪して乾かしてから行ってください。
白髪染めを髪に丁寧に塗布していきます。白髪の多い所は染まりにくいので、特に念入りに行ってください。髪の毛全体に塗布することが出来たら、付属のコームで良く溶かしていきます。

それが終わったら、肩にかけていたタオルで髪の毛をくるみます。その上から、ビニールのシャワーキャップをかぶります。こうすることで保湿されて、白髪染めが定着しやすくなります。おおよそ15分くらい待ってください。
そうしたら、水で丁寧に薬剤を洗い流していきます。次に、シャンプーをつけて丁寧に洗っていきます。そうしたら、トリートメントで丁寧に髪の毛をケアしていきます。白髪染めをした後は、乾燥しやすく髪がきしんだりしてダメージを受けています。ですから、いつもより丁寧にトリートメントをして、髪をいたわります。最後にきちんとドライヤーで乾かして終わりです。

髪が傷まない白髪染めがあります


kirari白髪染めにはいろんな種類がありますし、いろんな方法があります。最近、市販されているもので挙げていくと、従来の白髪染めはクリームタイプのものでしたが、泡タイプのものも発売されていますし、美容室で使用されている白髪染めも、美容室によって多少異なっていますので、選択肢が増えつつあります。また、ヘアマニキュアと呼ばれているタイプの商品を使うことで、白髪を染めていくことも可能になっています。しかし、白髪をしっかりと染めることが可能なアイテムの場合は、やはりどうしたって髪の毛を傷めてしまいます。

ヘアマニキュアですと、髪の毛を傷める心配はほとんどないに等しいのは事実ですが、すぐに染めた部分の色が落ちてしまうことや、なかなか思ったように白髪を染めることが難しいといったマイナスのポイントもあるので、満足のいく白髪染めをしたことがないという人たちも、日本にはたくさんいらっしゃいます。

でも、諦めるのはまだ早いです。最近注目を集めているヘアカラートリートメントを使っていくことによって、ヘアマニキュアのように髪の毛を傷めないで白髪を染めることができるようになりますし、おまけにヘアマニキュアよりも断然白髪をキレイに染めることができるようになるので、とてもおすすめです。しかも、頭皮への刺激もほとんどないため、敏感肌でシャンプーやコンディショナー選びにも苦労しているという人であっても、安心して使い続けていくことができるんです。

ヘアカラートリートメントだったら自宅にいながらすごく簡単に白髪染めが出来ますし、短時間でしっかり染まってくれるので、急いでいる人にもぴったりの商品と言えます。以前まではブラックかブラウンの2種類ほどしかカラーバリエーションもなかったのですが、最近になってもっとカラーバリエーションが増えてきているので、おしゃれなヘアカラーを実現することが可能になっています。おしゃれなヘアケア商品としても、最適です。

白髪染めで綺麗に髪の毛を染める方法


20130314160345 (1)年齢を経るにつれて悩まされるものが、白髪の存在です。30代くらいのときは数本しかなかったのに、年々黒髪よりも白髪のほうが目に付きやすくなってしまいます。黒い髪の毛の中に白髪が一本混じっているだけで、目立ってしまいますし、老けて見られます。
このように白髪で悩んでいる人のお勧めの対策として、白髪染めを使って髪の毛を黒く染める方法があります。けれども、自宅で白髪染めを使用した経験がある人に聞くと、うまく自分では染めることができないという悩みをよく耳にします。
そこで、今から自宅でも誰でも簡単に白髪染めで上手に髪の毛を染める方法を紹介していきます。まずは、染める前に環境を調えることが大切です。机の上に白髪染め、タオルなど必要なものを置き、座るところに新聞を敷きます。新聞は液体が飛んで汚れないためです。

次に、首周りにタオルをかけて、髪の毛をブロッキングしていきます。ヘアカラーを使う時に気をつけたいことは、温度です。というのは、温度によって染毛効果が異なるからです。通常は、室温20℃から30℃で染めることを基準に設定がされています。ですから、染める時は必ず室温で行いましょう。

髪をまとめたら、いよいよヘアカラーを塗布します。注意することは、綺麗な仕上がりにするためには塗布量を考えることです。なぜなら、部分によって染まりやすい場所と染まりにくい場所があるからです。白髪の多い部分やフェイスライン、えり足、耳の周り、前頭部の辺りなどは染まりにくいです。この部分は、塗布量を多めにしておきましょう。こうした染まりづらい部分から、白髪染めを塗っていき、適当な時間放置します。

その後は、残りの部分に対して塗り、しばらく放置をします。このときに、ラップを使って髪の毛全体を覆うと良いです。これをすると、熱が髪の毛全体に行き届くため、染めムラが出にくくなります。
その後、シャンプーを2回、そしてトリートメントやコンディショナーでケアして完成です。

白髪染めの効果的な方法について


genin

白髪とは、髪を染める働きをするメラニン色素の働きが衰える事によって、染まる事なく真っ白な状態で生えてきてしまった髪の事を言います。白髪が起きる原因には様々なものがあります。代表的な原因としては、加齢によってメラニン色素の働きが衰える事が挙げられます。他にも遺伝やストレス、栄養不足等も原因として挙げられます。

 

白髪があると実際の年齢よりも老けて見える可能性があるので、白髪染めを行う方が多くいらっしゃいます。ただし、この白髪染めにも様々な種類があります。代表的な種類としては、ヘアマニキュアやヘアカラー等があります。
ヘアマニキュアは、髪の表面をコーティングするという形で染めるので、髪や頭皮への負担が一番少ない染め方です。元々髪の細い人等に向いています。ただし、髪の表面をコーティングするだけなので、色が落ちやすいというデメリットがあります。
対してヘアカラーは、カラーが髪の毛の内側にまで浸透するので白髪が確実に染まります。また、色落ちがしにくいので髪色が長持ちするというメリットがあります。しかし、髪の内側にまで浸透させるため、比較的強めの薬剤を使うので、髪や頭皮への負担が大きくなるというデメリットもあるので注意が必要です。使う前にパッチテストをするのがおすすめです。

そして、いざ白髪染めをするという際にはいくつかのポイントがあります。このポイントを押さえているかいないかで、仕上がりに差が出てきます。
まず一つ目のポイントは、染める前日にしっかりと髪を洗う事です。髪に皮脂が付いている状態で染料を付けても、皮脂の膜に染料が弾かれてしまう恐れがあるからです。
二つ目のポイントは、ムラなく均等に染料を付ける事です。こめかみ等の生え際や、襟足等は塗り残しになりやすい部分なので注意する事が大切です。後頭部等は自分で見るのが難しい場合もあるので、もし可能なら家族等に手伝ってもらうと理想的です。
最後に三つ目のポイントとして、気温の高い場所で染める事です。こうすると染料の髪への浸透率が高くなるので、綺麗に染まる確率が高くなります。
これらのポイントを押さえて頂ければ、より効果的に白髪を染める事が出来ます。